Nadja - When I See The Sun Always Shines On TV

カナダの実験音楽デュオのカバーアルバム。夫婦。カタカナでジャンル分けするなら、ドローン、ノイズ、エクスペリメンタルとかかな。私個人の感想ではシューゲイズって感じがあまりしないけれど、そういう人もいる。このアルバムはドローンとかそういう取っ付きにくい音楽の中でも聞きやすいと思ったのでおすすめ。

曲目見て分かるけど、有名なアーティストの曲をカバーしているので1つでも好きなバンドあったら是非聴いてみてほしい。アルバムタイトルもA-haの曲名。1つくらい好きなアーティスト、知ってるアーティストがあるんじゃないかなあと思う。受け付けなかったら趣味に合わなかったということで…

1. Only Shallow (My Bloody Valentine)
2. Pea (Codeine)
3. No Cure For The Lonely (Swans)
4. Dead Skin Mask (Slayer)
5. The Sun Always Shines On TV (A-ha)
6. Needle In The Hay (Elliott Smith)
7. Long Dark Twenties (Kids In The Hall)
8. Faith (The Cure)

My Bloody ValentineThe Cureはオリジナルの方が好きだけど、これを勧める理由は、別物として聴くのがすごくいいから。ポップなメロディをNadjaがノイズで陰鬱にしているのが最高。

一番好きなのは#6 Needle In The Hay (Elliott Smith)。他のカバー曲よりだらけないで聴ける気がする。3回聴いたらもう耳から離れない。

Nadjaは2014年に来日時ライブに行った。また来日してほしい。爆音で聴きたい。

てか日本のバンド、Vampilliaとの共作「Primitive World」を久しぶりに聴いてるけどやばい…前よりさらに好きになった…
来日時もVampilliaがサポートしていた。